トイレの水漏れトラブルと対処

トイレでは様々な部位でトラブルが起こることがあります。その時には、自分でできる方法で対処をするといいでしょう。ただ場合によっては個人で対処することができないケースもあるので注意が必要です。自分で対処できる場合と、自分で対処しない方がいい場合とではどのような違いがあるのでしょうか。

■自分でできる対処法

トイレが詰まった、水が漏れてしまったという場合には、早急に対処をしなければなりません。まず便器や配水管が詰まって水が流れにくくなっている場合ですが、この場合には個人で対処できることがあります。まずバケツに水を入れ、便器内部に水を入れて排水管に詰まったトイレットペーパーなどを流す方法があります。またパイプクリーナーを使用する方法もあります。単にパイプクリーナーを便器に入れればいいため、誰でもすぐにできる方法です。
ラバーカップを使用して排水管に圧力を加えて症状を改善する方法もあります。ただラバーカップを長く使用すると排水管に負担を与えすぎてしまうため、長く使用しないことが大切です。これらの方法で改善されない場合には、そこで対処をストップしなければなりません。

■自分で対処できない場合

便器が詰まった時の対処方法はいくつかありますが、それらの方法で改善されない場合には、修理業者に依頼をする必要があります。トイレの詰まりと同様に起こりやすいトラブルが水漏れです。水漏れの場合には、自分でできる対処方法はほとんどなく、自己流で対処するとより症状が悪化することも考えられます。
水漏れが起こった時には、応急処置的に水道の元栓を止めておき、そしてすぐに水道の修理業者に連絡をします。早めに連絡をして適切な修理をすれば、安心してトイレが使用できますし、修理代もそれ以上多くかからない点でも安心です。

■まとめ
トイレの様々なトラブルについては、自分では対処できないものについては修理業者に連絡をした方が安心です。自分でできる場合であっても、ある程度対処しても改善が見られない場合には、止めて修理業者に依頼をすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ